未分類

メレンゲ(めぐみ)


今日は、メレンゲについて勉強しながら、シフォンケーキと苺のムースを作りました。

メレンゲは、硬さが重要です。同じ原料・同じ量で作ったメレンゲでも各材料を入れるタイミングや温度によって性質の異なるメレンゲができます。
今回のシフォンケーキでは、高さを出すために膨らませる力があり、かつ、柔らかめのメレンゲを作りました。
そのようなメレンゲにするために注意するポイントは

・砂糖を一度に全部入れず、数回に分けていれる
・卵白とボウルを室温に戻しておく(夏暑い時は冷たくした方が強い泡ができます)
より詳しい内容は、明代先生のレッスンに参加して学んでみてください。


肝心の仕上がりですが、シフォンケーキは時間が経ってもふわふわのままで、オレンジの風味も出来上がりのままずっと良い香りがしていました。とても美味しかったです。
苺のムースも、苺をたくさん入れるので、果肉と苺の種の粒を感じてとても美味しかったです!
前回のパイや12月のクリスマスケーキに比べて、家でもトライしやすいと感じたので、実践してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です